Excite!!

cyanatsu-life:

日々の生活の中で
私たちは沢山のことを感じながら
生きています。

その中で、大切にしていきたいこと。

それは、
平凡だと思える中にこそ
とても大事な気づきがあるのです。

もしこの人生が魂を磨く旅だとしたら
大切なものは
何も特別なことはありません。

どんな人にも
自分が接して欲しいように
優しさと愛を注いでいくこと。

年齢や肩書き、
その人の外見や
金銭的な豊かさなどにとらわれず

どんな人に対しても
見下すことなく
尊く受け止めること

それがそのまま
自分自身にも
形を変えて返ってくる。

自分が心で感じたもの

人への思いやりや優しさ

笑顔

謙虚な姿勢

yellowblog:

調子こいてカバの子供を威嚇したサイ 親カバにマジギレされるの巻:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd
ひとりでいるのが こわくなるような たくさんの友達よりも、ひとりでいても こわくないと思わせてくれる 何かと出会うことのほうが、うんと大事な気が、今になってするんだよね。 (対岸の彼女/角田光代)
illillill:

虹裏 may

素人には、色の好みがあるという事です。

色彩を学ぶと、好きな色とか、嫌いな色とかは、
なくなります。

食べ物の好き嫌いが有る人と言うのは、
実は感性が狭いのです。
広くなると、マズいものでも、美味しいものでも、
そう言うものとして食べて、好き嫌いがなくなります。

つまり、自分の好みをはっきり持っている人は、
視野の狭い人です。
素人なのです。

彦坂尚嘉の〈第41次元〉アート2:So-net blog (via yasunao) (via gkojay) (via hm7) (via rdlf) (via petapeta) (via mokn12) (via vivianight) (via kitune) (via c-f-m) (via plasticdreams) (via handa) (via jinakanishi) (via ephaeth) (via emes-th) (via scocch) (via jaguarmen99) (via sironekotoro) (via yellowblog)
他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。
tar0-tar0:

「わたしは何処に」

tar0-tar0:




「わたしは何処に」



254 名前:カタログ片手に名無しさん[] 投稿日:09/12/30(水) 09:41 ID:2G3/uS6I

やばい俺の前の奴がうんけ漏らしやがったwwww


ズボンの尻部分が

じっとり濡れててこんもり膨れてるwwwwww


本人凄くすまし顔なのが受けるが

声かけてトイレ行くこと薦めるべきかな・・・

269 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:09/12/30(水) 09:42 ID:???
»254

きめえぇぇ

276 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:09/12/30(水) 09:43 ID:???
»254

ワロタwwwもうあきらめの境地だろな。そいつ。

283 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:09/12/30(水) 09:44 ID:???
»254

って言うか俺も多分そいつの隣ぐらいに居る

オイニーすごいよw

332 名前:カタログ片手に名無しさん[] 投稿日:09/12/30(水) 09:48 ID:2G3/uS6I

やっぱ臭いしこっちが耐えられないから

うんこ漏らした人にトイレ行ったらどうですと言った。

そしたら


「構わぬ」


とか言われたどうしようwwwww

いやこっちが構うんだってばwwwwww

何で開場まで目の前で膨れたズボン眺めてなきゃいけねえんだよwwwww

何格好つけてんだてめえはwwwwwwwwwwww

誰か助けてwwwwww wxww

345 名前:カタログ片手に名無しさん[] 投稿日:09/12/30(水) 09:49 ID:U9.sB0hg
»332

構わぬwwww

356 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:09/12/30(水) 09:49 ID:???
»332

構わぬwwwww

まぁなんだ・・・あと少しだ頑張れwww

374 名前:カタログ片手に名無しさん[sage] 投稿日:09/12/30(水) 09:51 ID:???
»332

盛大に吹いたwww

380 名前:カタログ片手に名無しさん[] 投稿日:09/12/30(水) 09:51 ID:vEyKX53c
»332

漢だなwww

dailycapybara:

春の伊豆旅行 2014年3月9日 伊豆アニマルキングダム by Tokutomi Masaki on Flickr.
殿様「では一休よ、この胸のトキメキを抑えてみよ」